花とカゴと暮らしの道具 ハナモミジ

ハナモミジ

407

【ディプロマ生限定】ベラボンプレミアム50L

¥ 8,690円(税込)

購入数

 



こちらのベラボンプレミアム50Lは、華もみじディプロマ生限定特価となっております。

ディプロマ生でない方はこちらのカートからはご購入いただけません。

ご購入者のお名前は必ずディプロマ生さん、御本人のお名前をご記入ください。

別途送料がかかります。


限定価格で購入にはログインが必要です。会員登録をお済みでない方は、新規登録をお願いいたします。

(ログイン後、カートに商品を入れて、ご購入手続きまで進むと限定価格になります。)



一般の方は下記よりご購入くださいませ。

https://hana-momiji.net/item/bellabon50/



 


 


重くて処理に困る土は、もう使わない。

一度使ったら、もう二度と土には戻れない


野菜用、バラ用、観葉植物用、多肉植物用... 園芸店に行くとさまざまな植物専用の培養土が販売されてます。植物に合わせて土を買うのは大変だし、何より持って帰るのも重たい。 そして、不要になった土って、お庭がない方にとってはとても処分に困りますよね。


家庭ではちょっと扱いに困る培養土にかわって登場したのが、ヤシの実チップ「ベラボン」です。 植物に合わせて、培養土を選ぶのはもうおしまい。 重くて処理に困る培養土をやめてどんな植物にもつかえるベラボンを使って手軽で快適なボタニカルライフを楽しみましょう。


 


ブリコラージュフラワーに「ベラボン」は欠かせません


ベラボンを使うことで、様々なお花を組み合わせたり、カゴやリース、穴なしの器にも植えることができます。

ベラボンは、ブリコラージュフラワーには欠かせない植え込みツールです。 アトリエ華もみじでは、寄せ植え、観葉植物、多肉植物、果樹、すべての植物をベラボンだけで植え込みます。


 


「ベラボン」ってなんだろう


軽くて清潔!もえるゴミで捨てれちゃう土にかわるプランツツール「ベラボン」とは?


「ベラボン」は、天然のヤシの実のスポンジ状繊維を特殊に砕いてチップにし、植物を植え込む土にかわる植え込みツールとして利用できるように加工したものです。

本来、ヤシの実は水を吸わないものなのですが、特殊な加工を施すことにより、お水を吸うようにしました。この加工により、植物の根っこにとって、とても良い環境を実現できました。


 


植物にとっても、人にとってもメリットがたくさん


1.根っこの張りがとても良い


植物を育てるには、ふかふかの土が向いています。ですが、土はいつのまにかぎゅうぎゅうに固まっていってしまうので、根がのびのびと張れなくなってしまいます。 それに比べ、ベラボンは土と比べるとコチコチに固まりにくいので見事に根が張ります。

写真は、植え込み後、解体した寄せ植え。ベラボン100%で植え込みましたが、びっしりと根がはっています。


 


2.通気性があって、水はけも良い


植物を元気に育てるための2つの条件を兼ね備えています。 通気性や水はけが良いことで、根が腐るのを防いでくれます。ついお水をやりすぎてしまっても、土と比べて根腐れで枯らしてしまう確立がぐんと減ります。


 


3.保水性も良い


水はけが良いのと、保水性が良いってなんだか矛盾しているように思えますが、どちらも兼ね備えたすぐれものです。 どういう仕組かというと、ヤシの実のチップ自体が必要な水分は吸ってくれて、もう吸えない部分は下に流れてくれます。図で説明してみますね。




ヤシの実チップが含める量のお水をぎゅぎゅっと含んでくれます。 含みきれないかったお水は下に流れていくので、水がじゃぶじゃぶの状態にはならず、通気性がよく、水はけが良いのです。 チップが一度お水を含むと、乾きにくくなり保水性があります。植えた植物がじんわりとチップのお水を吸収して育ちます。


 


4.ベラボンの最大のメリットはこの軽さです


土を買ってかえるのも一苦労。ガーデニングが少し億劫に感じるところに土の重さ、扱いづらさがあります。

でも、ベラボンは、水にをしっかり含ませた状態で、培養土のわずか1/3程度の重さしかありません。 50リットルサイズも、片手で軽々と持てちゃいます。


 


5.もえるゴミとして処分できる


ガーデニングで土の処分に困ったことはありませんか。広いお庭があるお家は土をお庭に撒けば良いのですが、ベランダや室内で植物を育てる方にとっても土の処分には大変苦労します。土は、通常のゴミ出しのルールでは捨てることができないのです。

その点、ベラボンは土ではなく「ヤシの実チップ」なので使わなくなった分は燃えるゴミとして処分できます。燃えるゴミとして捨てる際も、とても軽いので扱いやすい点がとても好評です。 畑やお庭がある方は土と混ぜてください。土壌改良資材としての効果を発揮してくれるベラボンは地球にもやさしい素材です。


 


6.虫がわきにくく、とても清潔


洗浄してしっかりとあくを抜いているので清潔です。ふわふわしたチップを触っても手も汚れません。

一方で、土はお水が多すぎたりすると、腐ってしまうことがあり、植物をよく根腐れさせてしまうことがあります。 「ベラボン」の素材であるヤシの実は腐りにくいため、5年程度は腐食せず、器の中の環境を衛生的に保ってくれます。

そのため、コバエなどがわきにくく室内の植物にもぴったりです。ちなみに「亀の子たわし」の原料も同じヤシの実。ジャンジャン水をかけても腐らないのです。  土じゃないです。



ヤシの実チップです。サラサラ。そして軽々。ふかふか。  


 


「ベラボン」は、

どんな植物にも使うことができます


園芸店に行くと、さまざまな植物専用の培養土が販売されてます。植物に合わせて、土を買うのは大変ですよね。

「ベラボン」はどんな植物にでも使うことができます。これひとつで十分です。 これまでの土のかわりに「ベラボン」に植えるだけです。


ブリコラージュフラワーには、ベラボンが欠かせません。

バスケットにベラボンを入れて植え込みすればとっても軽く、可愛い寄せ植えができます。


多肉植物にも使えます。


トマトやブルーベリーなどのお野菜にも。


観葉植物にも。リースにだって、できちゃいます。


ランにも。


大きい花壇にも。


 


ベラボンだからできる!

穴の空いていない器に植物を植えられます


ベラボンの腐らない、通気性や保水性のよさの特徴を生かすことで、穴の空いていないガラスの器などに、室内用の観葉植物などを植え込むことができちゃいます!


ランを寄せ植えしたテラリウムもできます。 鉢皿がいらないので管理がしやすいですね。


テーブルの上にちょこんと置ける観葉植物も。虫がわきにくいので衛生的で◎


 


穴の空いていない器に、観葉植物を植えた場合の水やりの方法


【準備】流しやお風呂場など水場まで、器のまま植物を持っていきます。



  1. 器に満タンになるまでお水をためます。

  2. そのまま5分放置します。この間に、ヤシの実チップがお水を吸います。

  3. 5分程度経ったら、器の中のお水を全て捨てます。お水が、ポタポタ滴らなくなるまでしっかり流し切ることがポイントです。



  • 穴なしの器は、水の乾きがゆっくりなので水やりの間隔を長くすることができます。

  • お水やりのタイミングは、器の大きさやエアコンの状況などにより変わりますが3〜7日に1度程度でOK

  • ガラスの器の場合、ベラボンの上部2センチぐらいが乾いてきたらお水やりのサインです。



こ んなふうに流します。穴なし器の観葉植物のお水やりの動画でわかりやすくお伝えしています。


 


【ディプロマ生限定】ベラボンプレミアム50L

容量:50L

素材:ヤシの実チップ

重さ:約4.8kg

 


https://www.hana-momiji.net/yomimono-bellabon/


 

おすすめ商品

RECOMMENDED

top
wp_footer();